Tシャツプリントを長持ちさせる洗濯・干し方・収納のコツ!

自分でデザインして作ったオリジナルのTシャツは、できるだけ大切に長く使いたいと思うのですが、何度も着たり洗濯をしていたりすれば、生地の伸び縮みや色落ち、それにTシャツプリントのヨレなどの劣化は避けられません。
そんなときに、ちょっとしたコツを押さえて、Tシャツの取り扱いに気をつけることで、大切なプリントTシャツをより長く使い続けることができます。

今回は、お気に入りのプリントTシャツを少しでも長く愛用するために知っておきたい、「Tシャツプリントを長持ちさせるコツ」を紹介します!今からでも簡単に実践できる方法ばかりなので、プリントTシャツを洗濯するときや干すときの参考になれば幸いです。

Tシャツプリントを長持ちさせる洗濯のコツとは?

オリジナルのプリントTシャツの劣化を抑え、Tシャツプリントを長持ちさせるには、正しい「洗濯」の仕方を知ることが大切です。

洗濯のコツ1:まずは洗濯表示をチェック!

デザインやロゴなどをプリントしたプリントTシャツを洗濯するときは、Tシャツ生地の素材に合った洗濯方法を優先することが大切です。プリントTシャツには洗濯の仕方について書かれたタグが必ず付いているので、まずはこれをきちんとチェックしてください。

洗濯表示には、洗濯をする際に使用できる水の温度の上限・塩素系漂白剤を使用できるかどうか・アイロンの設定温度の程度・ドライクリーニングができるかどうか・クリーニングの種類などを意味する記号が記載されています。

お気に入りのプリントTシャツを洗濯するときは、洗濯表示に合った適切な方法で洗うことでTシャツプリントをより長持ちさせることができます。

洗濯のコツ2:やさしく手洗い!

プリントTシャツの洗濯表示を確認した上で洗濯をしますが、「洗濯機を使うと洗っている最中にTシャツの生地が引っ張られて伸びてしまいそう・・・」と心配な方も多いのではないでしょうか。
そういったときは、洗濯機を使わずに、やさしく「手洗い」をするのが一番です!

洗濯機と違って、プリントTシャツを1枚1枚手洗いするのは大変ですが、やさしく手洗いすることで生地の伸びやヨレなどの劣化を最小限に抑えることができます。手洗いをするときは力を入れてゴシゴシ洗ってしまうと生地が引っ張られて伸びてしまうので、洗面器にぬるま湯と手洗い用洗剤を入れて、やさしく押し洗いするのが理想です。

手洗いしたあとは強く絞ることなく、軽く押さえて水気を切り、あとは乾いたバスタオルなどでプリントTシャツをやさしく押さえて脱水してください。

洗濯機で洗うときは裏返してネットに入れる!

お気に入りのプリントTシャツ以外にも洗濯物がたくさんあるときは、時間も手間もかかる手洗いは現実的ではないので、多くの人はやっぱり洗濯機を使って洗濯をするようになるでしょう。

洗濯機を使ってプリントTシャツを洗う際に一番心配なのは、「生地が引っ張られて伸びる・・・」ということです。
洗濯機による伸びを最小限に抑えるには、「プリントTシャツを裏返してネットに入れる」という方法が有効です。プリントTシャツを1枚1枚ネットに入れて洗濯することで、ほかの洗濯物が絡まって生地が引っ張られてしまう心配も軽減されます。
その上で、プリントTシャツを裏返した状態で洗濯機に入れれば、Tシャツプリントの色褪せやプリントした部分のダメージを最小限に抑えることができます。

洗濯機を使うと首回りが伸びると心配なときは、プリントTシャツの襟元をつかみ、その上から輪ゴムでしばってからネットに入れて洗濯をすると、首回りのヨレを簡単に防止できます。洗濯が終わったあとにネットから取り出すと、輪ゴムでしばった部分にシワができます。このとき、シワを伸ばそうと無理に引っ張ることはせず、手のひらで軽く叩いて伸ばしてあげるのがポイントです。

おしゃれ着洗い用の洗剤や液体洗剤がおすすめ!

Tシャツプリントを長持ちさせるには、「おしゃれ着洗い用の洗剤」や「液体洗剤」を使うって洗濯するのがおすすめです。おしゃれ着洗い用の洗剤は、手洗いでも衣類についた汚れやニオイを落とせるように作られているので、洗濯機で洗った場合もお気に入りのプリントTシャツを綺麗に長持ちさせることができます。

粉末洗剤は、液体洗剤よりも水に溶けるまで時間がかかりますし、洗剤を洗い流すには2度洗いが必要となります。洗いの回数が多ければ多いほどプリントTシャツへのダメージにつながるので、おしゃれ着洗い用の洗剤や液体洗剤を使った方が生地を傷めるリスクを回避できて安心です。

漂白剤の使用を避ける!

Tシャツプリントを長持ちさせるには、「漂白剤」の使用は避けた方がいいでしょう。漂白剤はTシャツの生地を傷めるだけでなく、脱色によりプリント部分が変色する原因となります。
漂白剤が含まれている洗剤を使う場合は、Tシャツプリントの色落ちを避けるために、部分洗いや手洗い・もみ洗いのみで使うなど注意が必要です。

Tシャツプリントを長持ちさせる干し方のコツとは?

Tシャツプリントの寿命は洗濯で決まるといっても過言ではありませんが、洗ったあとの「干し方」にも工夫が必要です。

洗濯が終わったらすぐに干す!

洗濯が終わったら、洗濯機の中や高温多湿になる場所にプリントTシャツを長時間放置することがないように気をつけてください。洗濯機の中に濡れたまま長時間放置すると、プリントTシャツが重なりあって、プリント部分がくっつき剥がれてしまう恐れがあるためです。

プリントTシャツは陰干しがおすすめ!

プリントTシャツは、干す前に洗濯でついたシワを手で伸ばしてください。干す場所は、直射日光を避けた日陰がベストです。直射日光にあたると、プリントTシャツの色あせやダメージにつながるためです。

ハンガーは裾から通す!

洗濯したプリントTシャツは水分を含んでいるため重くなります。ハンガーで干すときは生地が伸びないように逆さに干す、胴の部分を2折りにして干すといった干し方が理想的です。ハンガーを使って干す場合、首元からハンガーを通そうとすると襟のラインが伸びてしまいます。伸びを極力避けるためにも、ハンガーは必ず裾から通すことが大切です。

乾燥機に入れない

乾燥機を使うとプリント部分が劣化し、生地が痛む原因になります。乾燥機はTシャツ生地を引っ張った状態で乾燥させるため、プリント部分や生地に大きなダメージが加わります。洗濯したプリントTシャツを干す方法は、乾燥機よりも陰干しで自然乾燥させるのが一番です。

直射日光があたる場合はプリントTシャツを裏返す!

洗濯物を干す場所によっては、日陰がなく、直射日光があたってしまう所もあります。そういった場所でプリントTシャツを干す場合は、紫外線による色合わせなどの影響を最小限に抑えるために、プリントTシャツを裏返した状態で干すのがポイントです。

Tシャツプリントを長持ちさせる収納のコツとは?

最後に、Tシャツプリントを長持ちさせる収納のコツを紹介します。

ハンガーに2つ折りにしてかける!

折り目を付けたくないという理由から、ハンガーにプリントTシャツをかけて収納する人も多いのではないでしょうか。確かに、ハンガーにかけておけば、Tシャツに折り目がつく心配はありません。
ただ、ハンガーでも長時間かけていれば、徐々に肩の部分に跡が残ったり、襟元が伸びてしまったりということがあり、型崩れを起こすことがあります。

ハンガーを使ってプリントTシャツを収納するときは、型崩れしにくい丸みのあるハンガーを使用する、あるいはTシャツを2つ折りにした状態でハンガーにかけるといった方法がおすすめです。バー部分が幅広のハンガーであれば、2つ折りにしても跡が付きにくく、襟元が伸びる心配もいりません。

プリント面を保護するように畳んで収納!

ハンガーと違い、折りジワが付いてしまいますが、それでも長期間保管するのであれば、きれいに畳んだ上で収納するのがベストです。

Tシャツプリントの色褪せや劣化を防ぐには、プリント面を保護するように畳むのがポイントです。
プリント面に折りジワがつくと、その部分だけ柄が変形したり、擦れてしまったりという恐れがあるため、お店に置いてある商品のようにプリント面が見える状態で畳むようにしましょう。

畳んだプリントTシャツは、直射日光や湿気に注意しながらタンスやクローゼットに保管します。プリントTシャツが複数枚あるときは、プリント面を保護するための紙を間に挟む、Tシャツが押しつぶさないように縦に立てて収納するのもおすすめです。

洗濯や干し方・収納に少し工夫を加えるだけで、お気に入りのプリントTシャツをより長持ちできるようになります。どれも今から始められる簡単なコツばかりなので、ぜひ今回の内容を参考に実践してみてください!